Takeo Hamanosono

アトリエAUTOS/社会福祉法人嬉泉(千葉県)在籍

絵を描くまでに半年の時間が費やされた。 描いてもいい、 描かなくてもいいアトリエで、自分のペースでゆったりとした時間を過ごし、職員が関わる中で、 自分で描きたいように描くことが出来るようになった。 今では、写真や図鑑、 市川さんのデザインした絵などをモチーフに創作している。 その出来上がりはデフォルメされ、全くといっていいほど、手本とは違った色と形になってあらわれてくる。 そこには、 彼独自の色や形のとらえ方やイメージがあり、作品は彼のオリジナルになっている。中には一つの作品を半年かけて仕上げるものもある。 平成12年1月、篠原佳年著 『生死同源』 (幻冬社刊)の表紙に 「にわとり」の絵が採用された。

WORKS

作品

カオジロハゲワシ

with ARTIST

アーティストと共に、持続可能なブランドを創造していく。
HERALBONYでご購入いただいた商品の売上の一部は、作家や福祉施設に還元されます。

Together with artists, we will create a sustainable brand.
A portion of the proceeds from the sales of products purchased at our store will be returned to the artists and welfare facilities.

VIEW MORE