Skip to content

Fumie Shimaoka"Fairy"| Art Handkerchief

Fumie Shimaoka

¥3,300

Tax included.

53cm×53cmのアートハンカチ。ファッションアイテムとしても取り入れていただけます。ストーリーが込められたアートは贈り物にもおすすめ。 

Only 4 pieces in stock!

嶌岡 史絵

幼い頃から、机に向い集中して手指を動かす作業が好きで、モンテッソーリ教室に楽しく通っていた。折り紙が得意なところを見込まれて、ホテルでナプキン等のリネンを畳む仕事に就き、余暇として習字やリリアン、編み物をしながら過ごしていた。そんな中、ある日突然急性水腫を発症し、一時は失明も危惧されたが奇跡的に回復し、コンタクト治療によって視力を矯正できた後から、自ら手持ちの水性ペンで大胆に細やかな線画を描き始めた。

彼女の作品の特徴は、独特の色彩感覚でコツコツとちいさなマルやセルを繋げ、好きなモノや想いを描く。当初は、モノクロの作品を描いていたが、次第にたくさんの色を持ち、形を変え、欠片は増殖していき徐々に現在の作風が確立されていった。

高校卒業時の色紙に彼女が記した座右の銘は、「人生予期しないことが起こるからおもしろい」。現在は、作業所に通いながら、家族と夕食を囲んだ後のテーブルで、のんびりと創作活動を楽しむ毎日を過ごす。

素材:綿100%

サイズ:53cm×53cm

COLLABORATION

HERALBONY Art Handkerchief AWARD2021

 2020年6月から7月15日までの期間、「ArtHandkerchief AWARD 2021」を開催しました。
2021年の1月から発表するアートハンカチになるアート作品を募集し、日本国内にとどまらず、海外からも含めて536作品の応募から選ばれた3作品のうちの2作品です。

幼い頃から、机に向い集中して手指を動かす作業が好きで、モンテッソーリ教室に楽しく通っていた。折り紙が得意なところを見込まれて、ホテルでナプキン等のリネンを畳む仕事に就き、余暇として習字やリリアン、編み物をしながら過ごしていた。そんな中、ある日突然、ダウン症の方に多い円錐角膜による症状のひとつである急性水腫を発症し、一時は失明も危惧されたが奇跡的に回復し、コンタクトレンズ治療によって視力を矯正できた後から、自ら手持ちの水性ペンで大胆に細やかな線画を描き始めた。

彼女の作品の特徴は、独特の色彩感覚でコツコツとちいさなマルやセルを繋げ、好きなモノや想いを描く。当初は、モノクロの作品を描いていたが、次第にたくさんの色を持ち、形を変え、欠片は増殖していき徐々に現在の作風が確立されていった。

高校卒業時の色紙に彼女が記した座右の銘は、「人生予期しないことが起こるからおもしろい」。現在は、作業所に通いながら、家族と夕食を囲んだ後のテーブルで、のんびりと創作活動を楽しむ毎日を過ごす。

ギフトラッピング

HERALBONYオリジナルの
ギフトラッピングでお届けいたします。

商品をカートに追加後、
ラッピングご希望の商品を選択いただき、
必要事項を入力の上ご注文ください。
配送日時の指定も可能です
(注文日から5営業日以降の指定となります)

住所を知らない相手にもギフトを贈ることができる「eギフト」もご利用いただけます。

 

詳しくはショッピングガイドをご覧ください。

ショッピングガイド

RECOMMEND

あなたへのおすすめ

RECENT CHECKED

最近チェックした商品