1979年生まれ 滋賀県在住 1997年から『やまなみ工房』に所属 彼女の刺繍は「まる」で構成されている。布に円を描きおおよその数と配置を定めると、針を通し、出発地点から斜めに返る独特の縫い方で輪郭をかたどっていく。複数の「まる」は同時進行で進められるが、縫い込みの多さはそれぞれ異なり、一枚の中にも多様な表情を持つ「まる」が生まれる。何層にも円を描き縫い重ねるうち、力によって収縮され平面だった「まる」は山のように隆起し、立体感と重厚感のある作品に仕上がる。